応用統計学

アブストラクト


欠損混合モデルとその応用, 57-73

中村 永友,上野 玄太,樋口 知之,小西 貞則

要旨(英文要旨

データ観測領域において何らかの事情により,ある領域でデータが観測で きない状況がある.本論文は,まずデータの欠損数が未知と既知の2 つの状況を2 種類の統計モデルで提示し,これらが同値のモデルであることを示す.また複数の 母集団分布が仮定される欠損領域を含む観測データがあり,意味のある成分分布に 分ける必要がある.この目的のために,欠損状況を考慮した欠損混合分布モデルを 提案し,パラメータの推定方法や欠損領域で観測されたと思われるデータ数を推定 する方法を提案する.提案する統計モデルの有効性を数値実験を通して検証すると ともに,プラズマ速度データへの適用を行う.


「2005年第34巻 No.2」目次へ

「2005年第34巻」目次へ

「応用統計学」総目次へ

「応用統計学」トップへ

「応用統計学会トップ」へ