応用統計学

アブストラクト


ウェーブレットによる関数データ判別, 151-169

藤井 亨,小西 貞則

要旨(英文要旨

本研究では,連続変量に関する離散時点観測データをウェーブレットによっ て関数化して得られる関数データ集合に基づく識別・判別問題を考察する.局所変 動に対して極めて高い適応性を有するウェーブレットを基底関数とした非線形回帰 モデリングに基づくデータの関数化とロジスティック判別を融合させた新しい識別・ 判別手法を提案する.データの関数化および判別分析におけるモデルの推定にはそ れぞれ正則化法を適用し,情報量およびベイズの観点から導出したモデル評価基準 を用いて推定に本質的なモデル調整パラメータの選択を行う.ウェーブレットに基 づく一連の提案手法の適用例として,音声認識の分野でしばしば扱われる音素デー タの判別分析および数値実験を行い,手法の有効性を検証する.


「2005年第34巻 No.3」目次へ

「2005年第34巻」目次へ

「応用統計学」総目次へ

「応用統計学」トップへ

「応用統計学会トップ」へ