応用統計学

アブストラクト


正則化基底展開法に基づく関数主成分分析とその応用, 1-16

茅野光範, 小西貞則, 平川英樹, 久原哲

要旨(英文要旨

各個体を特徴づける複数の特性に対する離散時点観測データを関数化処理 して得られる,多次元の関数データ集合に基づく主成分分析を考える.関数化に対 しては,主として,フーリエ級数やB-スプライン関数による基底展開法が用いられ ているが,本論文では,基底関数としてガウス型動径基底関数を用いた関数主成分 分析を提案する.また,適用例としてタンパク質の立体構造データを取り上げ,提 案手法による主成分プロットと従来の生物学的な分類の対応を検証する.


「2006年第35巻 No.1」目次へ

「応用統計学」総目次へ

「応用統計学」トップへ

「応用統計学会トップ」へ