応用統計学

アブストラクト


打ち切りおよびトランケーションの下でのパラメータ推定に及ぼす切断点の影響評価, 49-60

岩崎学, 阿部貴行

要旨(英文要旨

打ち切りとトランケーションは,共に不完全データをもたらす要因として,実際 のデータ解析で遭遇することが多い.本論では,観測値x がある値c 以下でのみ値 が観測される場合について,切断点c を変化させることによる推定値への影響を考 察する.c がパラメータの推定値に及ぼす影響を,尤度方程式から導かれる陰関数 を用いて評価する.特に,応用上重要な指数分布および正規分布について,数値例 を交えて詳しく議論する.陰関数の吟味により,打ち切りとトランケーションでは 切断点c の影響が逆向きであること,およびトランケーションの場合にはc の影響 が観測データ数に依存しないことを示す.


「2006年第35巻 No.1」目次へ

「応用統計学」総目次へ

「応用統計学」トップへ

「応用統計学会トップ」へ