応用統計学

アブストラクト


因果ダイアグラムにおける矢線への介入効果の定式化とその応用,79-91

黒田 健成,宮川 雅巳,田中 研太郎

要旨(英文要旨

変数間の因果関係が因果ダイアグラムと構造方程式モデルで表現される状況で,ダイアグラムの矢線へ介入する行為を考え,その効果を定式化する.この定式化は条件付き介入の枠組みにおいて記述される.矢線への介入効果に対する識別可能条件についても考察した.線形構造方程式モデルのもとで,興味ある特性変数の分散が,これへの有向道上の矢線を介入することで,どのように変化するかを具体的に求めた.矢線への介入は,直接介入しにくい変数である中間特性を制御するうえで有用である.適用例を通して,これらの定式化の有用性を主張した.


「2006年第35巻 No.2」目次へ

「2006年第35巻」目次へ

「応用統計学」総目次へ

「応用統計学」トップへ

「応用統計学会トップ」へ