応用統計学

アブストラクト


定義域を伴った関数の数式処理, 17-35

井上隆勝

要旨(英文要旨

区間(または領域)毎に場合分けされる関数を数式処理言語を用いて記述し, その関数式に対して,微分,積分,等の数式処理を適正に行う為の手法(道具)を提 案する.数式処理言語としてはMaxima を用い,結果をMaxima ライブラリとして まとめる.最後に機能検証の為の使用例を示す.


「2008年第37巻 No.1」目次へ

「応用統計学」総目次へ

「応用統計学」トップへ

「応用統計学会トップ」へ