応用統計学

アブストラクト


格付・財務情報を用いた金利・リスクプレミアム期間構造の推定, 69-86

川田章広,塩濱敬之

要旨

市場で取引される国債と社債の利回りを比べてみると, 通常, 社債の方が国債よりも利回りが高くなっている. これは社債は国債に比べ, 信用リスクや流動性リスクなどを含むためである. この利回りの差をリスクプレミアムという. リスクプレミアムは, 社債の発行企業の信用リスクを測る上で有用な情報であるため, 古くから債券価格から推定されてきた. 本稿では, 誘導型モデルを拡張した統計モデルを構築し, 金利・リスクプレミアムの期間構造の推定を行う. リスクプレミアムの期間構造の推定では,信用格付ごとにリスクプレミアムの推定をすることになるが, それでは同一格付内での発行企業間の違いが表現されないため, 発行企業の財務指標によりリスクプレミアムの水準が上下するようなモデルを用いる. 安道,山下 (2005)では, モデルに取り入れる財務指標をあらかじめリスクプレミアムと関係性が高いと考えられる指標から選択し, リスクプレミアムの推定を行っている. そこで, 本研究ではFan and Li (2001) による変数選択を行う罰則項を用いた罰則付き最尤法により, 財務指標の変数選択とモデルのパラメータ推定を同時に行う手法を提案する.

英文要旨

Modeling Term Structure of Corporate Bond and Credit Risk Spreads, 69-86

Akihiro Kawada and Takayuki Shiohama

A corporate bond is a contract in which the issuing corporation promises to pay interest and principle on prespecified future dates in exchange for use of cash today. The value of a corporate bond depends on three basic components: the term structure of riskless interest rate, embedded option values for callable bonds, and credit risk. This paper presents a penalized likelihood approaches to handle the corporate bond valuation and the term structure of credit spread using a firms credit rating and financial information. The proposed methods select significant financial variables and estimate coefficients simultaneously. Simulation study is also conducted to confirm the applicability of proposed methods. The methodology is applied to corporate bond valuation and term structure of credit risk spreads in Japanese bond markets.


「2009年第38巻 No.2」目次へ

「応用統計学」総目次へ

「応用統計学」トップへ

「応用統計学会トップ」へ