応用統計学

アブストラクト


タグチメソッドにおけるマネジメント発想の源泉 --田口玄一博士とプラグマティズム--, 173-187,

竹内惠行

要旨

実験計画法の研究・教育から始まり,数多くの企業・事業所における実践・指導を通じて,タグチメソッドと呼ばれる品質工学の手法を確立した田口玄一博士の足跡を辿ることにより,その特徴ある手法の成立について影響があったと思われる諸々の要因の検討ならびに考察を行った.影響を与えた要因として,工業教育,CCS経営管理講座,アメリカ滞在時に出会ったと考えられる探索的データ解析(EDA)ならびにアブダクション(abduction)の3つを取り上げた.まず田口が学生時代に受けた工業教育によって,科学的管理法や原価計算の基本知識を得た可能性が高いことを示した.次に,1949 年に実施されたCCS 経営管理講座における品質管理の講義で,品質は設計上の品質と実際上の品質に分類され,品質と原価のバランスが技術者や経営者の課題であることが示された事実を示し,これがタグチメソッドの考え方の萌芽として考えられることを示した.また,CCS 経営管理講座の内容は,田口の電気通信研究所の上司であった茅野健によってもたらされた可能性が高いと考えられる.最後にタグチメソッドがプラグマティズムに立った手法と考えられることを検討した.EDA と同様にアブダクションという推論行為を行っていると解釈できること,さらにデューイの道具主義に立った手法でありSN が有用性の尺度として機能していることを示した.

英文要旨

The Origin of Managerial Perspective in the Taguchi Method --Dr. G. Taguchi and Pragmatism--

Yoshiyuki Takeuchi

In this article, some factors, which might be affected to the establishment of the Taguchi method, are studied by following footsteps of Dr. Taguchi. Three factors are raised and studied; the industrial education in his schooldays, the CCS industrial management at occupied Japan, and the exploratory data analysis (EDA) and the notion of abduction which would be met during his stay in the US. As a result, following findings are obtained. (1) The possibility that he had acquired basic knowledge of the scientific management and the cost accounting by the industrial education is quite high. (2) It seems that contents of the CCS industrial management are brought to Dr. Taguchi by Mr. Kayano, his supervisor at the Electrical Communication Laboratories. Some concepts which were taught there might be seeds of distinctive characters of the Taguchi method. (3) The Taguchi method can be considered as a method based on pragmatism. In particular, it has characteristics of an inference by abduction and the instrumentalism. In such understanding, the SN ratio can be interpreted as the scale of usefulness.


「2013年第42巻 No.3」目次へ

「応用統計学」総目次へ

「応用統計学」トップへ

「応用統計学会トップ」へ